パーソナルカラーとは?What's a personal color ?

パーソナルカラーの歴史

アメリカの若き大統領ケネディがニクソンと選挙で争ったとき世間では、カラーテレビが普及しはじめていました。

まだ若いケネディは、カラー戦略を用い テレビで演説する際には、常にアメリカの国旗と同じ色を用いることで人々に若々しく力強いイメージを与え、人々を魅了しました。

このエピソードをきっかけに、パーソナルカラーの存在は、一気にひろまり、日本には80年代半ばに上陸し、ファッションの新分野として取り上げられるようになりました。

パーソナルカラーとは、その人に合う色を発見し、その人に合う色を発見し、着こなしにどう活かすかを診断&アドバイスするメニューです

似合う色で、あなたの魅力をアップさせたり、華やかな色で、場の雰囲気を作ったり、優しい色で、安心感を与えたり似合いにくい色で、自分を消したり色と言うのは、様々な効力を持ち演出してくれます。同じ赤でも高級感がある赤やカジュアルになる赤もあります。
どのような色が似合い どのような色が、あなたの魅力を最大限に惹きだしてくれるのかを 知るきかっけ作りがパーソナルカラー診断となります。

パーソナルカラー診断を学ぶ

第一印象は数秒(7~8秒)で決まり、そのイメージは脳裡に5年残ると
言われています。
好印象を与えるためには、顔周りのコーディネートバランスがまずは、
調和していなければなりません。

  • 第一印象の大切さの本当の意味
  • パーソナル~を知るメリットetc

まずは、丁寧にその必要性からご説明します。

魅力的に魅せる色
目立たせる色
強く見せる色 など

色には、色々な効力を持っています。
似合う色を診断する為に、より色を活用できるように、少し丁寧に色のお話をさせていただきます。

さぁ、色のシャワーを浴びていただきます♪
お客様が普段手に取ることのない、本当に似合う色と出逢う事で、
新しい魅力が開花します。

診断には、ドレープという布をデコルテに充てて
肌・瞳・髪の調和が美しい色を分析します。
120色のドレープから、お客様とって「とっておきの色」を
お探ししましょう。

パーソナルカラー診断のポイントや、調和が美しい色の見分け方など分かりやすいように一つずつご説明いたします。